北上山地の北端に位置する大野村は南部赤松、栓、栗、欅など豊富な素材に恵まれており三本木木工では代々建具職人として事業を営んできた。昭和55年、東北工業大学秋岡芳夫教授(工業デザイナー)の指導のもとに、木工の技術を活かして椀、盆、皿、鉢等「木の器」作りを始め全国に知られるようになった。また、現在は器だけではなく北上山地に育つ樹齢100年以上の木を素材に、美しい木目を活かし自然のぬくもりを感じさせる高級なテーブル、椅子、家具等を製造し首都圏、関西方面の百貨店からの引き合いがある。今回、産学官連携により岩手大学田中隆充准教授の指導のもと、ニューデザインのオリジナル高級家具をセットで製造し全国の皆様へお届けする事とした。
 単なる、機能性やコストを追求するのではなく、地域産出の素材に息吹きを与え、お客さまと情報を共有することにより物を大切に扱い、次世代まで受け継がれるような家具づくりを目指します。
 ニューデザインは、つくり手がコンセプトを理解し納得するまで試作品を見ながら製作を繰り返す。やはり一番に配意しなければならないことは、お客様の視点で考える事。


  
         皆様のお便りを
         お待ちしております。

このサイトは 「三本木工芸」 が運営しています。
〒028-8801 岩手県九戸郡洋野町大野上舘56-15-6
TEL 0194-77-2506 FAX 0194-77-4071

Copyright (C) 2010 三本木工芸 All Rights Reserved